背中脱毛

手間も時間もかかる背中脱毛は、究極の美

大胆に背中があいたセクシーな服を着るとき、水着やスポーツウェアを着る場面、そしてウエディングドレス♪

きれいな背中でいられたら、自信がもてますよね。背中のムダ毛の量や質は個人差が大きく、面積も広いのでお手入れにはとにかく手間がかかります。

手が届きにくい場所で効果も出にくい人が多いので、クリニックやエステでもなかなかお高い料金設定、ついため息が出ちゃいます……。そんな背中脱毛を成功させるセルフエステのコツと手順を紹介します。

 

背中のセルフ脱毛は準備が大切!

背中のセルフ脱毛を成功させるには、念入りな「準備」と「根気」が必要です。

まず用意したいのは、映りのよい鏡。できたら2枚以上、大きいものと手鏡の2つがあるとGOOD。大きいほうが固定されていると使いやすいので洗面所の鏡を利用するのもよいでしょう。

そして意外な盲点?ですが、脱毛前に肩や手首を回したり背中をストレッチしたりと、動きやすいようにしておくのが超お勧め。

日頃のデスクワークなどで前かがみになっている人は多いもので、「脱毛器が背中に届かない」「腕を伸ばしたらバキッと音がして痛い(泣)」というキビシイ事態が起こる可能性もありますね。お風呂上りなど体が温まっているときにストレッチをして、汗が引いたら脱毛を始めましょう。

 

毛深い人ほど向いている背中の光脱毛

背中は発毛や育毛に時間がかかり、毛周期はなんと年に2回程度。生え変わるまで数カ月から半年かかるという、超のんびりペースです。光脱毛では毛頭が皮膚表面に出ないと効果が下がってしまうので、光脱毛当日や前日のお手入れではなく、2日前~1週間前くらいにシェーバーで剃っておくのが良いでしょう。

背中は細い毛や色素の薄い毛が多い部位でもありますが、中には全体的に毛が濃いめという方もいますよね。そして「私は背中の毛も黒くて太い」とお悩みの方こそ、実はラッキー★ 光脱毛は濃い色に反応しやすいので、色の薄い毛よりもしっかりと効果が出やすいんです。

最初は、目立ちやすいけど手も届きやすい首の下~肩甲骨の上くらいの範囲からスタートしましょう。

 

毛周期が遅い背中だから、根気が必要

背中は一度脱毛すると次に生えてくるのが数カ月後という、効果が見えにくい部位です。ワンシーズンに1回くらい鏡をチェックして、増えてきたかな?というタイミングで次の脱毛をするのが良いでしょう。

細くて色素の薄い毛が多い人ほどトータルの回数と時間がかかってしまうので、根気が必要と言えます。長い人では完了まで3年から4年かかってしまいますが、逆に背中の毛が太く濃い人の場合では2年くらいで目立たないほどきれいになってしまう人も少なくないようです。

また、肩から肩甲骨上くらいの部位は、日常紫外線を浴びやすいので要注意。日焼け肌は光脱毛のフラッシュ光を吸収してしまうので、脱毛効率が悪くなります。脱毛後の紫外線は肌を荒らす原因にもなってしまうので、紫外線防止策をしっかり行ってくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

機種別に口コミ・体験談を見る

部位別に口コミ・体験談を見る

その他の部位