脇脱毛

絶対やりたい!人気NO.1★脇脱毛

脇の下は、体の中でも汗をかきやすく皮脂も分泌しやすい場所。皮膚の伸縮性が高く、腕を下しているときには皮膚は縮んで密度が高くなっている状態です。さらに腕側と胴体側の皮膚も密着しているため、より通気が悪くなります。

汗で湿っぽい上に風通しの悪い脇だから、ムダ毛があるといっそう蒸れてしまい、雑菌が繁殖しニオイも発生しやすくなってしまいます。

脇脱毛をすれば、見た目だけでなく汗やニオイの悩みもすっきりしますよ♪

 

脇脱毛の準備は2日前からが◎

光脱毛器は、黒い部分に反応して熱を集中させ脱毛するので、毛の頭部が完全に皮下にあると効果が弱まってしまいます。光脱毛をしようとする日の前日から当日は、シェーバーでのお手入れはお休みしましょう。

また、日常紫外線を浴びにくい脇は、本来、シミができにくい場所。

それなのに、無理に引き抜く、カミソリを何回も当てるなど刺激の強い脱毛を続けていると、シミやくすみができてしまいます。シミがある部分は脱毛器の光が集中して、痛みを感じてしまうことも。さらに、シミの部分ばかりに光が集まると効率が落ちてしまう場合もあるなんて……残念すぎです。

脇の光脱毛を決意したら、無理な処理はストップ! シミができている場合は、美白ケアも忘れないで下さいね★

 

いざ★脱毛ツ!その前に?

白い肌の上に黒いゴマ粒みたいな毛が頭を出しているタイミングが、効果的な光脱毛のチャンス。

まずは脇の下の汚れを蒸しタオルなどできれいにふき取りましょう。汚れが残っているとその部分に光が反応してしまい、痛みを感じたり脱毛効果が落ちてしまったりする場合があります。

そしていよいよ脱毛開始! ……ですが、その前に。

脱毛、どこでしますか? 鏡の前で、目で確認しながら行うのが効率的だけれど、脇の下って顔を下に向けていると、鏡でも良く見えないはず。それに、腕もしっかりあげておかないと、上腕部の脇が見えません(汗)

脇脱毛は、洗面所など高い位置にある鏡を利用して行うのがお勧め。ハンディタイプの脱毛器なら、とっても便利ですね♪

 

正しいアフターケアで、埋没毛にサヨナラ /~

一通り脱毛が終わったら、アフターケアを行いましょう。とは言うものの、基本的にはな~んにもしなくて大丈夫♪

「ちょっと痛かったかな?」という人は、念のためアイスパックなどで冷やしてあげるのも◎。

また、お肌に刺激を与えた直後だから、カミソリやシェーバーなどでの除毛は避けて。毛抜きやピンセットなどで引っ張って抜くのもNG! 毛根に炎症を起こしてしまう場合や、毛穴の中でちぎれて埋没毛の原因になることもあります。

シャワーを浴びるのもお風呂に入るのもOKですが、シミができやすくなっているため、紫外線に当たらないよう気を付けて。

その後は2週間に1回くらいずつ、光脱毛を続けていきましょう!

個人差がありますが、脇の毛周期は4ヶ月程度。3ヶ月を過ぎるころには、効果を感じられるはずですよ★