家庭用脱毛器のレビューや口コミに関する脱毛Q&A

女性

最近、ムダ毛ケアの方法として、家庭用脱毛器を使用する人の割合が高まっています。ひとむかし前は、脱毛をしたければ脱毛サロンや美容クリニックに行くしかありませんでしたが、最近では家庭用脱毛器を使って脱毛している方もたくさんいます。

 

家庭用脱毛器というと、数年前まではメーカー直営のサイトや限られた代理店でしか購入できないことも少なくありませんでした。しかし現在では、家電量販店やディスカウントストアなど多くの小売販売店で特集コーナーが設けられるような、常に人気の高い美容家電のひとつになったおかげで、さまざまな店舗で、誰でも手軽に購入できるようになりました。

 

また、脱毛というと脱毛サロンや美容クリニック! という印象の裏にあったのは、そういった専門機関でないときれいに脱毛することは難しい、という世間的なイメージです。これまで、自分の力では完璧な脱毛をするのは困難である、その場しのぎのムダ毛ケアでしかない、と思われていたのです。しかし、近年は家庭用の脱毛器の機能が非常に発達したので、自宅にいながらにして脱毛サロンと同じようなクオリティの高い脱毛が、そして上級機種の脱毛器になると、本当に脱毛サロンのような美肌ケアまでできるようになりました。

 

また脱毛サロンや美容クリニックでの脱毛はやや高額であるために、そのハードルを高く感じてしまいますが、家庭用脱毛器は比較的手が届く価格帯で設定されているため、脱毛サロンや美容クリニックでの脱毛よりも気軽に検討しやすいものになりました。

 

そうは言っても、家庭用脱毛器を使ったことがない方にとっては、分からないことや不安がたくさんあると思います。痛みがないと言われているけれど、本当に痛くないの? サロンみたいにきれいに脱毛できるって本当なの? 皮膚への影響ってあるの? コストパフォーマンスが良いって言うけれど、実際のところどうなの? いろいろな製品があって、何を基準にどれを選んだら良いかわからない…購入するならいったいどの機種がおすすめなの? などなど、脱毛器に関する疑問は尽きません。

 

そういった疑問や不安から、購入に踏み切れずに迷っていらっしゃる方もいると思います。しかし、ムダ毛ケアのことはなかなかオープンに話しづらいのも事実で、どのように脱毛をしているか、ムダ毛ケアの方法を友人に聞いてみたり、SNSに書き込んで質問する勇気なんてないよ…という方も多いはずです。結果、ひとりでムダ毛に悩むことになってしまいます。

 

あるいは、家庭用脱毛器を購入された方でも、説明書を読んだだけではわからないことが出てきたり、説明書に書いていないことに対する疑問が次々と浮かんでくることもあります。使い方について分からないことをそのままにしておくと、家庭用脱毛器の本来の性能を発揮しきれなかったり、無用な肌トラブルを起こしてしまう危険性もあります。せっかく購入した家庭用脱毛器は、できるだけ効果的に、そして安全に使っていかないと、とてももったいないです。

 

こちらのコーナーでは、そんな家庭用脱毛器についての疑問や質問に、どんどんお答えしていきます。家庭用脱毛器に興味がある方、これから購入を考えている方、そしてすでに購入したけれどまだうまく使いこなせていないという方…気になるけれど今さら聞けない、家庭用脱毛器に関するあんな疑問やこんな疑問をこちらで解決して、家庭用脱毛器での脱毛をさらに楽しみましょう!

 

またこのサイトには、このコラム以外にも、さまざまな家庭用脱毛器のレビューや口コミが寄せられているので、これから購入したいと思っている方はぜひ併せて参考にしてみてください。

 

脱毛器Q&A

 

Q1_脱毛器っていくつか種類があるけど何が違うの?

髭の濃さで悩んでいる彼氏に家庭用脱毛器をプレゼントしたいのですが、どのように選んだら良いのかわかりません。どういった種類のものがあって、それぞれどのような違いがあるのか教えてください。

 

A1_毛を処理する方法が異なります

脱毛器には大きく4種類あり、それぞれサーミコン式、巻き取り式、レーザー脱毛、フラッシュ脱毛と言います。

 

サーミコン式は、ムダ毛を焼くことで処理していきます。巻き取り式は、毛を巻き取って一度に抜く、原始的な方法での脱毛になります。現代ではレーザー脱毛と一方のフラッシュ脱毛が人気です。これはいずれもムダ毛に光を当てることで毛根を破壊し、毛が生えにくい環境を作っていきます。サーミコン式や巻き取り式の脱毛器は低価格なので購入するには手軽ですが、脱毛の際に痛みを伴います。それに比べてレーザー脱毛は効果が高いので有効的ですが、こちらも痛みを感じます。今回は髭脱毛を検討されているということで、痛みがかなり抑えられたフラッシュ脱毛がおすすめでしょう。

 

Q2_家庭用のフラッシュ脱毛器は永久脱毛?

先日、家庭用のフラッシュ脱毛器を購入してみました。説明書を読んでいたら「お手入れを中断すると、ムダ毛はまた元のように生えてきます」という文がありました。
フラッシュ脱毛器による脱毛器は、永久脱毛とは異なるのでしょうか?

 

A2_家庭用のフラッシュ脱毛器では永久脱毛はできません

日本では医師法によって、永久脱毛は医療機関で医師と看護師のみ行えるものと定められています。そのため、家庭では永久脱毛をすることができません。いまのところ永久脱毛ができる脱毛法は、美容クリニックで行われている「医療レーザー脱毛」と「針脱毛」のみです。永久脱毛は、毛乳頭細胞を破壊することによって毛が生えない状態を作ります。細胞を破壊するには60~70度の熱が必要で、これほどの高温を出すことができるのが美容クリニックのレーザー脱毛に限られるのです。脱毛サロンや家庭用の脱毛器はそういった脱毛器よりも温度が低いものなので、永久脱毛はできないのです。

 

しかし家庭用脱毛器を継続して使用したところ、毛が生えなくなったという方もいます。60度に満たない温度でも毛乳頭細胞が破壊されることもあるので、完全な永久脱毛は法律的に不可能ですが、家庭脱毛器でも近い効果が得られると言えるでしょう。

 

Q3_脱毛器は消耗品ですか?

家庭用脱毛器の購入を検討しているのですが、価格設定からひとつ疑問を持ちました。脱毛器とは、消耗品なのでしょうか? それとも交換可能なパーツなどはあるのでしょうか?

 

A3_本体ごと買い替えるものとパーツだけ交換するタイプがあります

家庭用脱毛器には、充電式のものと交流式のものがあります。充電式の脱毛器は搭載されている充電器に寿命があり、これが本体の寿命となります。充電式脱毛器は、本体そのものが消耗品です。そのため、充電器が寿命を迎えたら、本体ごと新しいものを購入する必要があります。

 

一方、交流式はコンセントにつなぎながら使用していきますが、こちらは本体には消耗パーツがないので、消耗品ではありません。しかし、肌に直接触れるカートリッジ部分だけは消耗品なので、カートリッジが寿命になったら新しいカートリッジに交換すると、本体を継続して使用することができます。

 

Q4_脱毛器で本当にムダ毛がきれいになりますか?

脱毛に興味を持ちましたが、どの方法で脱毛するか迷っています。脱毛サロンの脱毛コースに通おうと考えたのですが、費用をみたらとても高くて断念しました。

 

そこで家庭用脱毛器に興味を持ったのですが、家庭用脱毛器で本当に脱毛の効果はあるのでしょうか? あまり効果を感じられなかったという口コミを聞いたことがあるし、本体価格もお高めなので、買ってから後悔したくないです。最近の家庭用脱毛器はどうなのでしょうか?

 

A4_家庭用脱毛器は脱毛サロン並みに仕上がります

かつては家庭用脱毛器というと効果が薄いと言われていましたが、最近の家庭用脱毛器、中でも光を利用したフラッシュ脱毛器は、脱毛サロンでの脱毛と同じくらいの効果が出ます。特に脱毛後の冷却機能もある脱毛器なら、肌の引き締め効果もあるため、本当に脱毛サロン並みの仕上がりを得ることができます。

 

また、アタッチメントと呼ばれる、脱毛器の肌に触れる部分にはさまざまな形があり、これを付け替えることで、腕や足だけでなく、顔やデリケートゾーンなどの脱毛もできます。

 

ただし、目の周り、皮膚に傷がある部分、シミやホクロのある箇所、額・頭皮、日焼けをしている場所で使用すると、脱毛器が発するフラッシュの熱で目や皮膚を傷めてしまう危険があるので避けましょう。

 

Q5_デリケートゾーンの脱毛をしたい…

最近家庭用脱毛器を使い始めました。今は足や腕に使っているのですが、家庭用脱毛器を使ってデリケートゾーンの脱毛は可能なのでしょうか?

 

脱毛サロンなどに通えば良いのですが、人に見せるのが恥ずかしいので、できることなら家で自分でできたら良いなと思うんです。

 

A5_Vラインはケアできる機種があります

家庭用脱毛器でデリケートゾーンすべてのケアをするのは難しいのですが、いわゆるVライン・Iライン・Oラインのうち、Vラインなら家庭用脱毛器を使用することができます。ただし機種によっては、Vラインにも使用できないこともあるので、お持ちの家庭用脱毛器の取扱説明書をよく確認してください。

 

IラインとOラインは自分の目で確認することが難しいだけでなく、素人の手で光脱毛器のフラッシュを当てると、肌トラブルが起きてしまうこともあります。デリケートゾーンをすべて脱毛したい場合は、プロにお願いしたほうがよいでしょう。

 

Q6_家庭用脱毛器での脱毛は痛いですか?

ずいぶん前に、家庭用脱毛器を使って痛みを強く感じたことがあり、以来トラウマになっています。けれども最近は「痛くない」をうたう広告や口コミを多く見かけるので、興味が出てきました。実際のところ、今の脱毛器だと脱毛の「痛み」などはあるのでしょうか。

 

A6_脱毛器の種類によって痛みが変わります

家庭用脱毛器はいくつかの種類があり、種類によって痛みを強く感じることもあれば、ほとんど痛みは感じないタイプもあるので、ご自分のニーズに合わせて適切な種類を選ぶことが大切です。

 

たとえば市販のメジャーな脱毛器ごとに種類をご紹介すると、「ノーノーヘア」はサーミコン式、「トリア」はレーザー式、「ケノン」や「レイボーテ」がフラッシュ脱毛です。

 

サーミコン式は熱エネルギーを使って脱毛処理を行う方法で、肌への痛みはかなり抑えられますが、脱毛効果も少し弱くなります。レーザー脱毛器は強い光をムダ毛に当てて毛根にダメージを与えるため、非常に効果が高い反面、肌の痛みが出やすいので、痛みに敏感な方は注意が必要です。

 

フラッシュ脱毛器は、光のエネルギーを使って、ムダ毛だけに効果的にダメージを与えるために、皮膚が感じる痛みは非常に小さくなります。

 

Q7_脱毛する部位によって痛みは違いますか?

フラッシュ脱毛器を使って全身のムダ毛をケアしたいと考えているのですが、顔やデリケートゾーンに脱毛器を使ったら、痛いのではないかと、怖気付いています。腕や足と比較すると、痛みに差はあるのでしょうか。

 

A7_もちろん若干の違いはあります

脱毛は体の部位によって痛みを感じやすいところ、感じにくいところがあります。痛みがとくに強い部分はデリケートゾーンだと言われており、次に痛みを感じやすいのは毛の量が多いと脇と脚です。もし脱毛時に痛みを感じたら、脱毛を複数回にわけて少しずつおこなうことをオススメします。反対に、背中や顔は比較的痛みを感じにくい部分です。

 

脱毛の前に毛の長さをあらかじめカットしたり、フラッシュを当てたあとにも熱くなった肌をクールダウンさせるなど、ビフォーアフターケアをおこなうと、脱毛による痛みを軽減することができるので、ぜひお試しください。

 

Q8_アトピー肌でも脱毛できますか

むかしからアトピーの症状があります。しかし脱毛器を購入したいと考えています。家庭用脱毛器は肌に負担があかるんでしょうか、アトピーの自分でも使って大丈夫なんでしょうか?
 
 

A8_使用は可能ですが医師の判断を仰ぎましょう

アトピー肌というのは、健康な肌よりも敏感な状態にあるので、症状が重いときはできれば使用を避けるのが望ましいです。またステロイドなど外用薬を用いている人は脱毛器の使用をおすすめしません。

 

まずはかかりつけの皮膚科で、ご自身の症状にあったアドバイスを聞いてみてはいかがでしょうか。その上で、無理のない範囲での使用を心がけましょう。

 

Q9_敏感肌でも脱毛に通えますか?

むかしから敏感肌で、これまでムダ毛の処理をどうしたらよいか悩んでいたのですが、家庭用の光脱毛器は敏感肌の人でも使えるという口コミを見ました。ほうとうに敏感肌のわたしでも使えますか?

 

A9_敏感肌の人でも安心して使えます

家庭脱毛器は脱毛サロンの脱毛より刺激が少ないという評判も多く、敏感肌の方でも使用できます。また光脱毛器の中でも、発する光の強さを調整できるものを選ばれるのが良いでしょう。

 

また本格的な使用の前に、テストをおこなうことをおすすめします。最小レベルの光を、体の目立ちにくい部分に当ててみて、痛みや赤みなどの様子をチェックしてみてください。また脱毛前後のケアも怠らないことが大切です!

 

Q10_男性も家庭用脱毛器は使えますか?

家庭用脱毛器は男性でも使用できますか。自分は男ですが、髭や脚の脱毛に興味があります。しかし脱毛サロンに通うほどの予算はないので、家庭用脱毛器ですませられたらありがたいなぁと思うのですが、どうなのでしょうか。

 

A10_家庭用脱毛器は男性も使えます

家庭用脱毛器は男性も使えます。ただし、女性よりも毛が太くて濃い傾向にあるので、パワーが強めのものを選ぶのが良いでしょう。とくにヒゲの毛は非常に硬いので、脱毛器の馬力も必要です。

 

たとえば人気の脱毛器の中だと、「トリア・パーソナルレーザー脱毛器」や「ケノン」などが、パワーのある脱毛器と言えます。ただレーザー脱毛器はとにかく脱毛効果が高い一方で、痛みも強く感じる傾向があるので、痛みに弱い方は「ケノン」のような「フラッシュ脱毛器」を選ばれるのが良いでしょう。

 

Q11_剛毛でも家庭用脱毛器は使えますか?

わたしは女子大生ですが、剛毛で悩んでいます。もしかしたら男性よりも濃いかもしれない自分のムダ毛にドン引きしています。ぜひ脱毛をしたいのですが、家庭用脱毛器って剛毛でも噂の通りしっかり脱毛できるのでしょうか。毛深いとそんな効かないんじゃないかという不安があります。

 

A11_剛毛でも家庭用脱毛器は使えます

家庭用脱毛器は剛毛もしっかり脱毛できます。脱毛サロンの場合だと剛毛のケースは脱毛サロンに通う回数が多くなってしまうことがあるので、その点で家庭用脱毛器は非常におすすめと言えます。

 

家庭用脱毛器なら、サロンのように予約やついか料金がないので、自分が本当に納得するまで繰り返し使うことが可能です。人に自分のムダ毛を見せずに済むのもメリットです。

 

Q12_生理中でも家庭用脱毛器は使えますか?

脱毛サロンに通い始めたのですが、通うようになってから初めて、生理中は暑毛処理ができないと知りました。急に生理が来た時など、予約を変更せねばならず、煩わしく感じています。家庭用脱毛器を検討したいので雨が、こちらも整理中は使用できないのでしょうか。

 

A12_生理中でも家庭用脱毛器は使えます

家庭用脱毛器なら生理中でも脱毛することができます。ただし、生理中は肌が敏感になっているため、ふだんよりパワーを絞って使用するなどの気遣いが必要です。普段なら問題ないことでも、生理中は思いがけず肌トラブルが起こる可能性もあります。
たとえば家庭用のフラッシュ脱毛器の場合、フラッシュのパワーを制限することで使用できます。そしていつもよりもアフターケアを丁寧に行うことで、肌トラブルは防げるでしょう。保湿などは入念におこなってください。

 

Q13_妊娠中でも家庭用脱毛器は使えますか?

日頃から家庭用脱毛器を使っています。先日妊娠がわかったのですが、妊娠中も続けて家庭用脱毛器を使用しても良いのでしょうか。ちなみに使っているのはフラッシュ脱毛器です。

 

A13_妊娠中のフラッシュ脱毛器の使用は避けましょう

妊娠中や授乳中のフラッシュ脱毛器の使用は避けましょう。女性ホルモンのバランスが変わるので、体質や毛質に変化があったり、普段より敏感な時期でもあるので、肌トラブルを招きかねません。授乳期間がおわってからの再開をおすすめします。

 

Q14_子供でも家庭用脱毛器は使えますか?

自分のムダ毛ケアに家庭用脱毛器をしようしていますが、子供が思春期を迎え、体毛を気にするようになりました。子供でも家庭用脱毛器を使用することはできるのでしょうか。

 

A14_子供でも家庭用脱毛器は使えます

お子さんも家庭用脱毛器を使用することができます。ただ使用するパワーには気を付けましょう。特に初回は弱いモードから初めて慣らしていく必要があります。いきなり強いモードで使用しないようにしましょう。

 

お子さんは脱毛サロンに通う場合、親御さんの同意書が必要になります。またひとりで通うには遠かったり、繁華街に脱毛サロンがある場合などは、ご家庭での脱毛の方が良いのではないでしょうか。

 

脱毛後の保湿は子供のうちからきちんとおこないましょう。若いからといって油断せずに、きちんとアフターケアをおこなってください。

 

Q15_高い脱毛器のほうが効果がある?

家庭用脱毛器の購入を検討しているのですが、高いものを買ったほうが効果があるのでしょうか。どの機種を買ったら良いか非常に迷っています。

 

A15_金額と実力は比例しません

価格は必ずしも効果と直結しているわけではありません。家庭用脱毛器には消耗品タイプと消耗パーツを交換することで恒久的に使用出来るものがあり、まずそういった構造の違いで価格がかなり変わります。

 

継続した使用を見据えた場合には、商品の価格のみならず、消耗品のコストを考慮すべきです。いくらで何回使用出来るのか、価格よりコストパフォーマンスを重視してみてください。

 

Q16_家庭用脱毛器だと、どれくらいできれいになりますか?

家庭用の脱毛器はどれくらい使い続けるときれいになりますか。すぐにきれいになるのでしょうか。それともサロンなどのように定期的に継続することで効果が出るのでしょうか。

 

A16_脱毛器の種類によります

脱毛器の種類によって異なります。物理的に毛を引き抜いていくタイプの脱毛器はすぐに毛がなくなりますが、生えるサイクルは変わらないので、何度でも同じ処理をする必要があります。

 

フラッシュ脱毛器のように毛根を刺激していくタイプは、初回から効果がおおきくあらわれるわけではなく、継続して使用すると効果が出ます。こちらは最初に効果を実感するまでは時間がかかるけれど、処理を重ねると毛が減っていくので、お手入れがのちのち楽になっていきます。

 

Q17_脱毛サロンと家庭用脱毛器ってどっちが良いのでしょう

腕や脚の脱毛をしたいと考えています。脱毛サロンでの脱毛と家庭用脱毛器での脱毛で迷っているのですが、どちらが良いのでしょうか。コスト面や効果面での比較を知りたいです。

 

A17_ご自分に合ったものを!

脱毛サロンと家庭用脱毛器の違いを比べて、ご自身に合ったものを見極めるのが良いと思います。脱毛サロンで脱毛する場合、他人に作業を任せられるので、自分は少し毛を剃ってから行くなどの最小限の作業で済む点では楽かもしれません。しかし予約や通うことを煩わしく感じる人には向いていません。

 

家庭用脱毛器を使用することのデメリットは、すべてを自分で行うため、手間ひまがかかります。またサボらずに継続していくことも重要なので、自分だけの力で継続することが難しい方には不向きです。

 

Q18_家庭用脱毛器を使用して良い頻度はどれくらい?

最近家庭用のフラッシュ脱毛器を使い始めて、今は週に1回の頻度で使っています。しかし、効果の実感をイマイチ得られません。

 

使用する回数を増やしても大丈夫でしょうか。肌への悪影響とかってあるのでしょうか。

 

A18_週に1度は使いすぎです

家庭用のフラッシュ脱毛器は、はじめのうちは比較的頻繁に、しばらくしたら頻度を減らしていくのが一般的です。ただ、比較的頻繁と言っても、せいぜい半月に1度程度が望ましいです。よって、週に1度の使用はすでに使いすぎでしょう。高い頻度で使っていると、脱毛器の効果の高さがかえって皮膚を痛めてしまします。

 

光脱毛によってムダ毛がほぼ生えなくなるようになるまで、最低でも1年くらいかかると言われているので、ムダ毛ケアには根気良くあきらめずに取り組んでいきましょう。

 

Q19_家庭用脱毛器のメリット・デメリットは?

現在、脱毛サロンに通ってムダ毛処理をしています。しかしそろそろ予算がなくなってきたので、家庭用脱毛器に切り替えようかと考えています。

 

そこで、家庭用脱毛器の長所や短所を教えてください。

 

A19_ご紹介します

家庭用脱毛器の最大のメリットは、自分のペースで自宅で脱毛できること。脱毛サロンのお休みや営業時間に左右されることなく、暮らしの中の空き時間でムダ毛ケアをおこなえます。また家庭用脱毛器のほうがコストも抑えられることはよく知られていますが、これは事実です。

 

家庭用脱毛器のデメリットは、背中やうなじ、デリケートゾーンなど自分で見えない部分の脱毛が難しいことが挙げられます。またすべて自分でこなさなければならないので、脱毛後の保湿ケアも自分でおこなわなければなりません。この点は脱毛サロンに通えばすべておまかせできます。

 

Q20_同じ場所に重ねて撃てば効果が出やすくなる?

家庭用のフラッシュ脱毛器を使っています。脱毛中につい同じ場所に2度フラッシュを当ててしまいました。あとで説明書を確認したら、これはやってはいけないと書かれていました。しかしその後その部分だけよく脱毛できている気がします。もしかして2度撃ちしたほうがよく脱毛できるのでしょうか。

 

A20_同じ部分に重ねて照射することはNG

同じ部分に重ねて照射する「2度撃ち」は、基本的にNGとされています。実は、2度続けて撃つことによって効果は出やすくなりますが、肌へのダメージも過度なものになってしまいます。そのため2度撃ちはするべきではありません。

 

本来は1度でも当てれば肌はダメージを受けるので、照射後の保湿やクールダウンは受けたダメージを軽減させるためのものです。2度撃ちは、すでにダメージを受けている肌に、さらにダメージを与えにいっているようなもの。肌トラブルが起こる可能性も跳ね上がってしまうので、避けるようにしましょう

 

Q21_脱毛器を使ったら赤いプツプツが出てきました

家庭用脱毛器を購入して、使う前に照射テストをおこないました。異常がなかったので本格的に脱毛器の使用を始めたのですが、顔に使用した照射後に少し赤みやプツプツが出てきました。

 

痛みはなくて、少しかゆいなぁという程度なのですが、このまま家庭用脱毛器を使い続けても良いでしょうか? ちなみに赤みは翌朝には引きます。

 

A21_肌に異常が出たら、使用はやめましょう

家庭用脱毛器を使用したら肌が赤くなったり、湿疹などが出てきた場合は、使用をすぐにやめましょう。肌に合っていないのかもしれません。無理に使用を続けると肌への負担が大きくなり、荒れてしまう可能性があります。

 

発疹は赤み、痛みなどの異常が出たら、必ず医療機関にかかり医師に相談してください。

 

また、もとから傷があったり、にきびやシミ、ほくろがある部分はあらかじめ使用を避けましょう。目の周り、頭皮や日焼けをしている部分にもよくありません。

 

Q22_脱毛する前の準備とアフターケアが知りたい!

家庭用脱毛器の購入を検討しているのですが、使用する前の準備とアフターケアについて疑問を持ちました。これはどういったものでしょうか。あまりに手間がかかるようなら脱毛サロンを検討したいと思っています。

 

A22_ビフォーアフターのケアは欠かさずに!

脱毛を開始する前には、日焼けをしないように気をつけます。そしてお酒を飲むと肌が乾きやすくなるので、念のため脱毛する前日と当日は飲酒を控えます。体調を崩して薬を服用しているしているときもやめましょう。

 

脱毛サロンでも家庭用脱毛器でも、いずれにせよ脱毛前に脱毛する部分の毛はあらかじめ剃っておく必要があります。毛があるままでは効果が出ないからです。

 

また脱毛する前には、肌を保冷材などで冷やすことで痛みを減らすことができます。
脱毛後も同じく冷やすことで皮膚のダメージを抑えることができます。また自宅でケアする場合は、肌の保湿をお忘れなく。脱毛サロンでは保湿ケアまでお願いできます。

 

Q23_脱毛器を使わないと、ムダ毛はまた生えてくるのですか?

フラッシュ脱毛器はかなり永久脱毛に近い効果が得られると聞きました。脱毛器を使ってムダ毛が減ってから、脱毛器を使わないようになると、また生えてきてしまうのでしょうか。

 

A23_使わないと生えてきてますが、使う頻度は減らせます

おっしゃるとおり、脱毛器を全く使わなくなると毛は再び生えてきます。継続して使用することで生えるサイクルを崩しているので、毛が減ってからも使用し続けることでムダ毛のない肌を保てます。ただし、しばらく使用して区が減ってきたと実感できたら、使う頻度を下げても大丈夫です。

 

医療機関による永久脱毛を行わない限りは、脱毛サイクルを完全に止めることはできません。脱毛サロンなどの脱毛も本当の永久脱毛ではないため、通うのをやめてしばらくするとまた毛が生えてくるでしょう。

 

Q24_家庭用脱毛器でカートリッジがいちばん長持ちなのは?

フラッシュ脱毛器の購入を検討中で、カートリッジタイプがほしいと考えています。カートリッジタイプにもいろいろあり迷っています。いちばんカートリッジが長持ちするのってどの機種なんでしょうか。

 

A24_「レイボーテ」や「ケノン」が評判です

最近だと「レイボーテグランデ」や「ケノン」といった機種が、カートリッジの持ちが良いという評判です。

 

カートリッジの寿命はずばりフラッシュの照射回数です。これは年々寿命が長い機種が出てきているので、口コミなどをよくチェックすることもオススメです。このサイトにはいろいろな脱毛器ごとのレビューや口コミが集まっているので、ぜひ見てみてください。

 

Q25_レイボーテグランデとケノン、どっちが良いですか?

現在「ケノン」を使っているのですが、最近「レイボーテグランデ」の広告を見て気になっています。機能性も寿命もよく似ているようですが、どちらのほうが良いのでしょうか。買い替えも検討しています。

 

A25_「レイボーテグランデ」の評判はとても良いです

照射範囲やパワーといった基本的な性能は「ケノン」のほうが上回っています。「レイボーテグランデ」は最新機種なので、まだ使用者が少ないのですが、口コミの満足度が非常に高いです。

 

家電は新しいほどより安全性が高まり、電力の効率などもよくなるものなので、最新機種の「レイボーテグランデ」を購入することはひとつの選択としてとても良いと思います。

 

Q26_脱毛すると腋臭症が治るって聞いたんだけど本当?

私は腋臭症なのですが、最近脱毛すると腋臭症が治るって聞きました。腋臭症に長年悩まされているので、もし腋臭症が改善されるならぜひ脱毛をしたいと思うんです。ですが、ネットで脱毛するとかえって匂いがひどくなるという情報も見ました。一体どちらが本当なんでしょうか。

 

A26_腋臭症は治らないけれど匂いは軽減されます

腋臭症の原因はアポクリン汗腺で、これを取り除かない腋臭症は治りません。ただし、脱毛によって匂いを軽減することができます。

 

脇毛は汗を止める役割をしているので、汗は脇毛に付着します。ここに細菌が繁殖と匂いを生みます。脇毛を除去することで、細菌が繁殖する場所がなくなるため、腋臭の匂いが軽減されます。ただし脇毛が全くなくなってツルツルな状態になったときに、汗を受ける場所がなくなるために、人によっては脇汗が滴るケースもあります。

 

Q27_脱毛器って電気代はどれくらいかかりますか?

現在一人暮らしで、光脱毛器を購入したのですが、電気代はどれくらいかかるのでしょうか。熱を発する家電は電気代が高くなるので、脱毛器を長時間使用して電気代が跳ね上がらないか心配です。

 

A27_脱毛器の電気代はそんなにかかりません

脱毛器の電気代はそこまでかかりません。ドライヤー(1200W)と比較すると、これを仮に1時間使ったとして、電気代はおよそ26.4円です。一方最新機種の「レイボーテグランデ」(最大500W)の場合、1時間の使用で約11円、人気の「ケノン」(600W)で1時間約13.6円の電気代になります。なおこれはハイパワーで使用した場合なので、実際はこれよりも抑えられるでしょう。月に2回、各1時間使ったとしても、年間にしておよそ600円くらいなので、そこまで高くないと言えます。

 

Q28_脱毛器を使うと、毛深くなるって本当ですか?

足や腕、ヒゲなど、剃れば剃るほど毛が濃くなるってよく聞くので、脱毛器で毛を取り除いたら毛が濃くなるんじゃないかという不安を持っています。

 

もし毛深くなるなら使用はやめようと思うのですが、実際のところどうなんでしょうか。

 

A28_家庭用脱毛器の使用により毛は薄くなります

脱毛器によって毛深くなることはありません。家庭用脱毛器は使えば使うほど毛が薄くなります。完全に毛がなくなるわけではありませんが、元が濃い目の人でも薄くすることができます。

 

なお使用をやめてしまうと毛が再び元の濃さになる可能性があるので、良い状態を保つには、薄くなってからも継続して脱毛器を使用する必要があります。ただし、脱毛器の使用頻度は減らすことができます。

 

Q29_フラッシュの光は安全なのでしょうか?

フラッシュ脱毛器に興味があるのですが、光を肌にたくさん当てて、なにか肌トラブルは起こらないのでしょうか。また小さい子供がいるので、フラッシュの光の安全性が心配です。

 

A29_フラッシュの光は直接見てはいけません

脱毛器の光は、紫外線などの有害な光の波長をカットしてあるので、日焼けなどのトラブルはありません。ムダ毛に光をあてることで、毛が焦げたような香りがすることはありますが、これはしっかりケアできている証拠なので問題ありません。

 

そして光脱毛器の光は直接見ないようにしてください。とても強い光なので目に有害です。脱毛器を肌に密着させることで光の漏れを最小限に抑えます。また必ずサングラスが付属しています。まぶしいと感じたら装着してください。

 

Q30_フラッシュレベルの設定ってどうすれば良いの?

フラッシュ脱毛器を購入しました。いろいろな光のレベルを設定できることが分かったのですが、これはどのように選んだら良いのでしょうか。強めにしたほうがはやく脱毛できますか?

 

A30_はじめのうちはもっとも弱いところから始めます

最初のうちは、もっとも弱いレベルから始めてください。いきなり強い光をあてると、肌トラブルが発生する可能性があります。慣れてきたら少し上げても大丈夫ですが、レベルを上げるときは少しずつ様子を見ながらにしましょう。

 

フラッシュのレベルは、やや熱さを感じるくらいで設定してください。もし痛みを感じたら上げすぎです。また部位によって肌の敏感さが異なるので、デリケートな部位ではフラッシュレベルを下げましょう。