妊娠中の脱毛クリームの使用はNG?肌が敏感な時期は避ける方が好ましいかも

妊娠中

サロン脱毛に通われている方は既にご存知かもしれませんが、妊娠中の脱毛はあまりよくないものです。実際に妊娠中にサロンでの脱毛を申し込んでも断られてしまいますし、既にサロンに通っている方であってもお手入れを中断するように言われると思います。妊娠によって脱毛ができなくなってしまったら、あなたは別の方法で脱毛することを考えるかもしれませんが、一体どのような方法があるのでしょうか。

ダメージ

妊娠中の脱毛をサロンで断られてしまうこともあって、妊娠中の脱毛はよくないというイメージがついてしまっているかもしれません。しかしそれには誤解があるんです。妊娠中の脱毛によって胎児や母体にダメージを与えることはありませんし、脱毛器自体に害があるということではありません。

cream

妊婦さんの体調は毎日目まぐるしく変化します。頭が痛くなったり、吐き気がしたり、お腹が張っていたくなったりとあらゆる症状が出ることでしょう。そんなときに脱毛によって無理な体勢を強いられたり、うつ伏せの体勢にされたりすると身体に負担がかかってしまい、体調も悪くなってしまいます。急に妊婦さんが体調を悪くしてもスタッフが対応しかねない場合もありますから、万が一のことを思ってお手入れをお断りしているのでしょう。

クリーム脱毛

ですが、家庭で自己責任において脱毛をすることには何の問題もありません。脱毛の方法にはさまざまなものがあります。家庭用脱毛器を使うのも良いですし、クリーム脱毛やワックス脱毛を使用して脱毛することも良いでしょう。しかし、クリーム脱毛やワックス脱毛を行う場合にはとくに気を付けなければならないことがあります。

Skin care

それは肌荒れのことです。妊娠中のお肌はとっても敏感になっています。胎児に栄養がとられているというのもあり、お肌の養分が足りていないなどといった理由で、皮膚の細胞に十分な修復力がありません。ですので無理な刺激を与えるとお肌に大変な負担がかかってしまいますし、刺激によって赤みや傷ができてしまうと治るまでに時間がかかってしまうといったこともあり得ます。

クリーム脱毛2

妊娠中でもワックス脱毛でお手入れをしているといったサロンはありますが、クリーム脱毛の場合はとくに気を付けた方が良いです。クリーム脱毛は毛を溶かす脱毛方法ですので、さまざまな強い薬剤を調合されて作られてます。そのため、妊娠していなくとも荒れてしまうという方も多いです。

お肌に塗布

そんな強い薬剤を、ただでさえ敏感な妊娠中のお肌に塗布したらとても刺激が強い物です。妊娠前はお肌のトラブルもなくて平気だったというかたであっても、妊娠中のお肌は敏感になっているものです。

care

ですので、妊娠中はなるべく刺激の弱い方法で毛の処理を行いたいですよね。薬剤を直接お肌に付ける方法は、肌トラブルが懸念されますが、光を当てるだけの家庭用脱毛器ならそんな心配も要りません。

自己処理

家庭用脱毛器で脱毛する場合であっても、毛の自己処理は必要になりますが、いつものように自己処理をしたあとに照射するだけで、毛の生えるペースを遅くすることができます。これにより自己処理の回数も減るのでお肌に負担がかからなくなります。

関連記事

妊娠中の脱毛クリームの使用はNG?肌が敏感な時期は避ける方が好ましいかも

サロン脱毛に通われている方は既にご存知かもしれませんが、妊娠中の脱毛はあまりよくないものです。実際に妊娠中にサロンでの脱毛を申し込んでも断られてしまいますし、既にサロンに通っている方であってもお手入れを中断するように言われると思います。妊娠によって脱毛ができなくなってしまったら、あなたは別の方法で脱毛することを考えるかもしれませんが、一体どのような方法があるのでしょうか。

妊娠中こそお手入れしたくなるビキニラインの脱毛事情

妊娠中は、何かとビキニラインを見せる機会が多くなりますよね。妊婦検診では、超音波検査にて、医師や看護師さんにビキニラインを見られてしまいます。向こうはプロなので慣れているとはいえども、お手入れせずに荒れ放題のビキニラインを見せるのは恥ずかしくなります。剃っておくだけでも良いので何かしらのお手入れをしてから妊婦検診に臨みたいものです。