妊娠中にも可能な脱毛方法とは?妊娠中だからと脱毛ができないわけではない

妊娠中の脱毛

妊娠中の脱毛はサロンで断られてしまうことが多いため、できないものと思ってはいませんか?確かに、サロンでの脱毛は断られてしまいますが、それにはちゃんとした理由があります。

妊娠中の身体

妊娠中の身体は、とてもデリケートです。サロンで脱毛をする際には、無理な体勢を強いられたりすることもあるため、妊婦にとっては苦痛な時間です。とくに、妊娠中はうつぶせになることができませんよね。そうした妊婦さんの脱毛をするには、スタッフ側にも大変な負担がありますし、万が一妊婦さんが体調を崩して倒れられたときにも対応に困ってしまいます。

妊娠中の脱毛2

こうしたサロン側のリスクを回避するために、サロンは妊娠中の脱毛をお断りしているといったことがほとんどです。脱毛器は、母体や胎児に害を与えてしまうと思われている方も多いかもしれませんが、実はそれは誤解です。害があるといったことは今のところ証明されていません。

家庭用脱毛

ですので、妊娠中にフラッシュ脱毛などを自分で行うことは可能です。サロンでの脱毛は断られてしまいますが、家庭用脱毛器を購入して、ご家庭で脱毛をおこなうのであれば何の問題もありません。しかも、家庭用脱毛器を妊婦が使うことにはメリットもあります。

サロンで脱毛

サロンで脱毛を行うには当然予約が必要となりますが、家庭用脱毛器であれば日程や時間も気にせずに、いつでもどこでも脱毛を行うことができます。妊婦さんは、体調が急に変化しますので、サロンで予約をとったとしても体調不良で行けなくなってキャンセル料をとられるということもあります。

家庭用脱毛器

急にキャンセルにしてしまったり、お手入れを体調不良のために急に中断してしまうとサロンのスタッフ側にも迷惑をかけてしまいます。ですが、家庭用脱毛器ならば、好きなタイミングで始めることができて、好きなタイミングで中断することができますので、妊娠中でも体調に合わせて脱毛を行うことが可能です。

家庭用脱毛器2

ですので、家庭用脱毛器は妊婦さんにおすすめの脱毛方法です。いつものように自己処理をしたあとに家庭用脱毛器で照射すれば脱毛効果もありますし、毛の生えるペースが遅くなって自己処理の回数も減らすことができます。

家庭用脱毛器3

自己処理でカミソリを扱うことが多いかもしれませんが、カミソリはお肌の表面に細かな傷を付けてしまいます。傷を付けてしまうとお肌が弱ってしまったり雑菌が入って炎症を起こしてしまうこともありますので、自己処理の回数は減らした方が良いでしょう。また自己処理は色素沈着の原因にもなります。

フラッシュ脱毛

一見、妊婦さんは辞めておいた方がよいと思われがちなフラッシュ脱毛ですが、実は一番妊婦さんに良い脱毛方法なのです。ほかにもワックス脱毛やクリーム脱毛といった方法もありますが、お肌に薬品をつける方法での脱毛は刺激も強めです。家庭用脱毛器は光を当てるだけで脱毛ができるので、お肌に負担をかけずに脱毛ができておすすめです。サロンにで受けるには断られるかもしれませんが、自宅で家庭用脱毛器を使うのなら予約もなしで好きな時間に行えるのもメリットですね。

関連記事

妊娠中の脱毛クリームの使用はNG?肌が敏感な時期は避ける方が好ましいかも

サロン脱毛に通われている方は既にご存知かもしれませんが、妊娠中の脱毛はあまりよくないものです。実際に妊娠中にサロンでの脱毛を申し込んでも断られてしまいますし、既にサロンに通っている方であってもお手入れを中断するように言われると思います。妊娠によって脱毛ができなくなってしまったら、あなたは別の方法で脱毛することを考えるかもしれませんが、一体どのような方法があるのでしょうか。

妊娠中こそお手入れしたくなるビキニラインの脱毛事情

妊娠中は、何かとビキニラインを見せる機会が多くなりますよね。妊婦検診では、超音波検査にて、医師や看護師さんにビキニラインを見られてしまいます。向こうはプロなので慣れているとはいえども、お手入れせずに荒れ放題のビキニラインを見せるのは恥ずかしくなります。剃っておくだけでも良いので何かしらのお手入れをしてから妊婦検診に臨みたいものです。