妊娠中こそお手入れしたくなるビキニラインの脱毛事情

妊娠中

妊娠中は、何かとビキニラインを見せる機会が多くなりますよね。妊婦検診では、超音波検査にて、医師や看護師さんにビキニラインを見られてしまいます。向こうはプロなので慣れているとはいえども、お手入れせずに荒れ放題のビキニラインを見せるのは恥ずかしくなります。剃っておくだけでも良いので何かしらのお手入れをしてから妊婦検診に臨みたいものです。

妊娠

妊娠中の身体はとてもデリケート。身体はこれから産まれてくる我が子のために全てを注ぎます。栄養も胎児に取られてしまうので、髪はパサパサになり、お肌もボロボロになってしまいがちです。今まで敏感肌とは無縁だったという方も、妊娠中はお肌が荒れやすく感じるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。いつものようにムダ毛のお手入れをしていて、なんとなくお肌がかさつくなどの症状が出る方は無理をしないほうが良いかもしれません。

妊娠中_1

妊娠中はさまざまな身体の変化があります。身体中の栄養が胎児に集中してしまうために、敏感肌になることも挙げられますが、そのほかにも妊娠中のホルモンの影響によって、毛が濃くなるといった現象も起こります。人よりも毛が薄くて、今までムダ毛のことなんて気にしたことないという方も、妊娠してみて始めて気になりだすといったこともあります。お手入れを怠ると、全身に黒々と毛が生えてきてお肌が黒く見えてしまうので侮れませんよ。

脱毛

ですが、妊娠前に脱毛をしていた方は、妊娠中に全く毛が濃くならなかったという話も聞きます。妊娠中はお肌も敏感になっているのに、濃い毛が生えてくるので、お手入れをする回数が多くなるといった悪循環に苛まれますが、妊娠前に脱毛をしておくことで、お手入れする回数も少なく済むといったメリットがありますね。もし、妊娠を予定している方は、妊娠中も快適に過ごせるように脱毛を始めた方が良いかもしれません。

ムダ毛

妊娠中に濃く生えてくる毛に驚き、脱毛をしたいという衝動にかられる妊婦さんも多いかと思います。妊娠後期になるとどんどんお腹も大きくなり、自分でムダ毛のお手入れをするのが負担になってきます。無理な体勢をするとお腹が張ってしまうこともありますからとても危険です。では、妊娠中に脱毛をするのはどうなのでしょうか?

フラッシュ脱毛の光

脱毛に使用されるフラッシュ脱毛の光は、妊娠中の母体や胎児には影響のないものとされています。フラッシュ脱毛のIPLの光は波長の短い物なので、皮膚の内部まで届くことはないのです。しかしながら、妊婦さんがサロンで脱毛をするとなると断られてしまいます。一体どうしてなのでしょうか。

脱毛_1

妊娠中は急な体調の変化が非常に多いのです。急に貧血で倒れてしまったり、頭が痛くなったり、吐き気を催してしまったりということは日常茶飯事。万が一サロンで脱毛中に体調を崩されてもスタッフが対応するのが難しいこともありますし、体調により予約をキャンセルにされることが多くなるとサロン側の負担も増えてしまいます。これが妊婦さんの脱毛が断られる理由と考えられます。

レイボーテ III

ですが、家庭用脱毛器ならば自分で脱毛を行うことが可能です。脱毛の光自体は悪影響がないので、問題なく脱毛を行うことができます。

妊婦さん

家庭用脱毛器なら、体調が悪くなったときにすぐにお手入れを中断できるので妊婦さんにも安心です。お肌を冷やすので、お腹が張ることも多いですが、無理をせずに少しでも体調が悪いと感じたら中断することをおすすめします。

関連記事

妊娠中の脱毛クリームの使用はNG?肌が敏感な時期は避ける方が好ましいかも

サロン脱毛に通われている方は既にご存知かもしれませんが、妊娠中の脱毛はあまりよくないものです。実際に妊娠中にサロンでの脱毛を申し込んでも断られてしまいますし、既にサロンに通っている方であってもお手入れを中断するように言われると思います。妊娠によって脱毛ができなくなってしまったら、あなたは別の方法で脱毛することを考えるかもしれませんが、一体どのような方法があるのでしょうか。

妊娠中こそお手入れしたくなるビキニラインの脱毛事情

妊娠中は、何かとビキニラインを見せる機会が多くなりますよね。妊婦検診では、超音波検査にて、医師や看護師さんにビキニラインを見られてしまいます。向こうはプロなので慣れているとはいえども、お手入れせずに荒れ放題のビキニラインを見せるのは恥ずかしくなります。剃っておくだけでも良いので何かしらのお手入れをしてから妊婦検診に臨みたいものです。