脱毛なのに、痛くない方法があるの?

家庭用脱毛器というと痛いイメージをお持ちかと思いますが、痛くない脱毛方法もあります。家庭用脱毛器の脱毛方法は、レーザーとフラッシュ脱毛の主に2種類です。エステと同じ方法のフラッシュ脱毛は、痛みを感じにくいといわれています。脱毛を行うなら痛くない脱毛器を使いたいと思いませんか?
 

 
脱毛器の痛みについてまとめましたので、どの脱毛器を購入するか迷っている方はぜひ参考にしてみて下さい。

 

 

◆脱毛の痛みはどれくらい?

ほとんどの脱毛器にはレベル調整があって、自分で調整することができます。痛みが苦手な方は低いレベルから脱毛をしていくと良いでしょう。痛みを感じる脱毛器だとしても、チクッとするほどの痛みだとされています。かなり痛みを感じる脱毛器もあるようですが、脱毛を行えないほどの痛みだそうです。
 

 
レーザーとフラッシュの脱毛方法においても痛みの感じ方は人によってさまざまですが、レーザー脱毛よりフラッシュ脱毛の方が痛みが少ないという方が多いようです。
 

 

◆脱毛の痛みを抑える方法は?

最も良いといわれているのは脱毛前に脱毛する部位を冷やすことです。しっかりと冷却することによって痛みを軽減させる効果があります。
 

 
個人差がありますが、乾燥肌の方であればクリームを塗布するといいでしょう。肌が乾燥してしまうと痛みを感じやすいので、肌の保湿もきちんとしておくことが大事になります。
 

 

◆脱毛器と脱毛部位によって痛みが違う?

脱毛器といっても多くの種類があるのでそれぞれ痛みも異なります。痛みを感じやすい部位は、太くて頑固だといわれている脇などです。
 

 
ほかにもVIOなどデリケートゾーンは、さらに強い痛みを感じるといわれています。痛みを感じる部位での無理な脱毛を行うのは避けたほうが良いでしょう。肌の状態や痛みを感じるには個人差があるので、参考までにしておきましょう。使い方や使用する部位に注意して、脱毛を行うことが大事になります。
 

 

◆脱毛前後の準備

メーカーにもよりますが、脱毛を行う前に事前に処理しておく必要があります。ムダ毛を短くすると処理がしやすく、痛みを軽減することができます。
 

 
そのほかにも、脱毛前後に肌を冷やしたり、専用のクリームで保湿したりします。脱毛後は特に肌トラブルが起こりやすいので、肌を冷やすことによって防ぐことができます。 脱毛器を使用するということは、肌を傷つけるということなので、使用前後の準備をきちんと行う必要があります。

脱毛なのに、痛くない方法があるの?の新着情報