「フラッシュ脱毛器」に関する基礎知識

最近話題の「フラッシュ脱毛器」ですが、一体それは何なの、と思っている方もいると思います。でもいまさら聞けないのもまた事実です。そこでこのコラムでは、毛が抜ける仕組みやほかの脱毛器との違い、脱毛による肌への影響の有無、製品の形状やコストパフォーマンスなど、「フラッシュ脱毛器」に関する基礎知識をご紹介していきます。

ムダ毛ケアに有効な「フラッシュ脱毛器」

「フラッシュ脱毛器」は、写真撮影の時に使われるフラッシュのような光を発光することで脱毛をおこないます。この方法を「光脱毛」と言い、かつては赤色レーザー光を使ったものもありましたが、現在はフラッシュ光を使ったものが主流です。脱毛サロンでも「フラッシュ脱毛器」を利用しているところが多いです。

光というのは色が黒いものに吸収される習性があるので、皮膚に光をあてることによってムダ毛に熱を吸収させて、その熱エネルギーによって毛根を破壊します。

これだけではいわゆる「永久脱毛」にはなりませんが、照射を定期的にし続けることで、ムダ毛の量が全体として減っていきます。これが光脱毛の仕組みです。無理矢理毛を引っこ抜いたりはしないため、痛みは既存の脱毛法よりも抑えられます。ちなみにしばらく光を当てない期間があると、ムダ毛は自然に生えてくるようになります。

たとえば、光脱毛の前に主流だった「ローラー式脱毛器」の場合、ムダ毛をローラーが巻き取ることで物理的に毛を抜いていきます。これは多少の痛みを伴い、ときに毛を引き抜くときの衝撃で、毛穴から血が出てしまうこともあります。

また機械を一度走らせるだけでは、機械が当たった範囲の中でもムダ毛の取りこぼしが出てくるために、完全に脱毛するには二度三度と同じ箇所に当てる必要があります。こうしたわけで、その肌ダメージと、ムダ毛ケアに時間がかかることを「ローラー式脱毛器」のデメリットとして挙げる人も少なくありません。

いずれにしろムダ毛ケアには定期的な実施が必須なので、脱毛の方法は手軽なほうが続けやすいと言えます。その点では、痛みが少なくて動作も簡単な「フラッシュ脱毛器」は、非常に有効的です。

フラッシュ脱毛器のコストパフォーマンスを左右するのが「カートリッジ」

フラッシュ光を発する部分は「キセノンランプ」といって、強い熱と光を発するため、光を発する部分、つまり照射部分には強い耐久性と高い安全性が求められます。

その耐久性と安全性の維持のために、一定の使用回数を超えると新しい部品との交換が必要です。これが「フラッシュ脱毛器」の「カートリッジ」と呼ばれるパーツです。カートリッジの交換を怠ると、安全性は保証できません。光脱毛器のコストパフォーマンスとは一般に、このカートリッジの寿命と価格から算出されます。

照射による肌トラブルの心配は無用

また「フラッシュ脱毛器」が発する光は、紫外線などの有害な波長はカットされたもので、脱毛に適した光を出すように設計されています。そのため、「フラッシュ脱毛器」の照射によって、日焼けやシミなどの肌トラブルが起こる心配はありません。

たとえば今話題の「フラッシュ脱毛器」のひとつ、「レイボーテグランデ」は、テストでモニターさんが3ヶ月間使用したあとに、皮膚科医が肌の状態を確認したところ、皮膚のトラブルは起こっていなかったという結果も出ています。

また「フラッシュ脱毛器」はムダ毛ケアによる肌トラブルが防止されているだけでなく、「レイボーテグランデ」などのような上位機種ですと、その光の波長が美肌効果も持っているとも言われています。

ハンディタイプと据え置き型、どちらを選ぶべき?

「フラッシュ脱毛器」の製品の形状は、ハンディタイプと据え置き型があります。ハンディタイプだと電源部分と発光部分が一体化していてコンパクトですが、構造のシンプルさゆえに、機種によってはアタッチメントが固定されていて、使用できるアタッチメントが1種類しかないなどの短所もあります。

アタッチメントとは脱毛器の肌に直接触れる部分のことで、このパーツの形を変えることで、体の様々な部位の形状に合わせて、効果的に脱毛することができます。顔など狭い部分を脱毛するときには小回りのきくアタッチメントが必要ですし、反対に太ももや腹部などの広い面では、顔面用の小さなアタッチメントだと非常に効率が悪いです。

据え置き型の場合は複数の種類のアタッチメントの使用が可能で、そこが人気を呼びました。そのため、最近はハンディタイプでもアタッチメント交換のできる上級機種が増えてきています。ただし据え置き型のほうが価格は高くなりますが、より多くの機能を備えているのも据え置き型です。

なおこのアタッチメントが取り替えられるタイプの「フラッシュ脱毛器」は、アタッチメントにカートリッジが付いているために、カートリッジの寿命が来たら新しいアタッチメントに取り替えることで本体はそのまま半永久的に使い続けることができます。

たとえば据え置き型の場合、初期投資としては多少値が張りますが、一度購入すると部品の交換を行うだけでかなり長い期間使うことができるため、コストパフォーマンスが良いと言われているのです。

据え置き型の場合、本体の形状はコスメポーチやジュエリーボックスのような、箱型の容器で、その中に電源が収まっています。脱毛をおこなう際は、電源からコードを伸ばして、照射部を手に持ち使用します。当然、パワーは据え置き型のほうが強いです。

収納の点からコンパクトなハンディタイプは好まれますが、据え置き型はすべてのパーツを本体内部におさめることができるため、見かけは一見すると脱毛器に見えないというメリットもあります。特に最近の据え置き型脱毛器はデザイン性が高いものも増えたので、リビングなどの生活空間に置いても、インテリアの一部として馴染みやすく、部屋の雰囲気を崩しません。

アタッチメントの使い分けで、家族や友人とシェアも可能!

さらに家庭用の据え置き型「フラッシュ脱毛器」の長所として、複数人で使用できるということが挙げられます。アタッチメントを使い分けることで、本体電源をシェアすることができるので、家族や友人と共有することが可能になります。

「フラッシュ脱毛器」は脱毛サロンに通うよりはコストを抑えられますが、「ローラー式脱毛器」や「シェーバー」よりは高めの価格設定になっています。そのため購入を尻込みしてしまう人も少なくないでしょう。そういった方には、ご家族・ご友人とシェアするという方法はとてもオススメです。

脱毛器は直接皮膚に触れる機器なので、特にワキやVIOでの使用を考えると衛生面が気になります。しかし、肌に直接触れるアタッチメント部を人数分それぞれ用意して使い分ければ、衛生的に使用することができます。

おうちでリラックスしながら、サロンの仕上がりを実現

近年は美容家電への世間的関心が高まっていて、各社がさまざまな製品を開発されています。その結果、エステやマッサージサロンに通うよりも、自宅でよりリラックスして美容に取り組みたいというニーズが、相乗効果で高まっています。こうした流れの中で、脱毛も自宅でおこないたいというニーズがあるのは自然なことでしょう。

これまではきれいに脱毛するにはエステに行かないと難しいという世間的な認識がありました。しかしそうした近年の家庭用の美容家電の進化から、おうちでサロンと同じクオリティの脱毛ができるようになりました。

家庭用脱毛器の中でも「フラッシュ脱毛器」は、サロンのような仕上がりを求める方にオススメです。このサイトにはさまざまな「フラッシュ脱毛器」のレビューや口コミが掲載されているので、購入を検討されている方は、ぜひのぞいてみてください。

「フラッシュ脱毛器」に関する基礎知識の新着情報